今では数少ない公共トイレ物件のメリット、デメリットとは?

一人暮らしだって、住環境は大切です > トイレと一人暮らし > 公共トイレの生活

公共トイレの生活

今では段々と少なくなってきていますが、自分の部屋にトイレがなく、公共トイレのみの物件もあります。家賃を出来る限り抑えたい方は、公共トイレの物件を勧められることもあるでしょう。自分の部屋にトイレがないのですから、常に部屋の外へ出てトイレを済ませる必要があります。自分の部屋にトイレがある生活に慣れてしまっていると、公共トイレの生活に慣れるのは難しいでしょう。トイレに行くといっても、部屋の外に出る訳ですから、それなりの格好をして行かなければなりません。公共トイレの数は限られていますので、自分が行った時に既に他の住人が使っていることもあります。朝や夜は部屋にいる人が増える時間帯なので、トイレも混雑します。自分の部屋であれば自分の生活のサイクルに合わせて、合間合間でトイレに行くことが出来ますが、公共トイレであればそうはいきません。空いている時間を見計らって行かなくてはいけませんし、先にトイレに入っている誰かが中々外に出てこなかったらイライラすることもあります。自分の時間を大切にしたい人、忙しい人には不向きでしょう。逆に自分がトイレ入っていても、次の人が待っているかもしれないから早く出なくてはと思うと、ゆっくりトイレで考えるなんてことも出来ません。

しかし公共トイレもメリットが一つあります。トイレの度に外に出るため、必然的に同じアパートの住人と顔を合わせます。公共トイレであれば住人達の顔を覚えられ、共同体意識も芽生えるでしょう。とは言え、やはり不便さの方が多い公共トイレですので、物件を決める前には公共トイレでも自分が生活できるのか良く考えましょう。

トイレと一人暮らし

和式トイレの生活

最近では珍しい和式トイレ物件のメリット、デメリットとは?

洋式トイレの生活

やっぱり洋式トイレは便利で快適?

一人暮らしだって、住環境は大切です周りの音と一人暮らし周りの施設と一人暮らしトイレと一人暮らしお風呂と一人暮らしサイトマップ

Copyright(C) 2011 - 一人暮らしだって、住環境は大切です - All Rights Reserved.